おたくの生活日記。

不定期更新の記録簿。

東京マルイ エアコキ M1911A1をカスタムしてM1911にする

f:id:otaku8311227:20210717204338p:plain

f:id:otaku8311227:20210717204342p:plain

言わずとしれた名作ガン、東京マルイエアコキM1911A1です。

中古品をお安くGETしたので、私の好きなM1911にカスタムします。

f:id:otaku8311227:20210717204350p:plain

(インナーバレルがアルミなのに今、気が付きました)

 

【カスタム計画】

図1

f:id:otaku8311227:20210717205114p:plain

・トリガーをロングトリガーに

・リーフカットを埋める

・メインスプリングハウジングをストレートにする

・ビーバーテイルを短くする

 

この作業をすればなんちゃってM1911になるので

これでいきます!

 

細かいことは気にしない~。

 

【メインスプリングハウジングの加工】

f:id:otaku8311227:20210717205520j:plain

図1(上のカスタム計画図)で赤く塗ったところをノコでカットします。

 

穴が開いてしまうのでプラバンを

カットして蓋を作ります。

 

蓋は曲げてアールをつけるので

左右幅は1ミリほど長くカットしています。

f:id:otaku8311227:20210717210534j:plain

ちなみに元のパーツは赤い部分で

グリップセイフティを固定しているので

この部分を切ってしまうこのカスタムでは

自作しなければなりません。

 

なので貼り付けるプラバンの蓋は上に

2mmほど長くしました。

 

ここでやってしまったポイント。

強度を気にして0.5mmのプラバンを使ったのですが

厚すぎたため、もう少し薄いプラバンでもよかったです。

 

f:id:otaku8311227:20210717210914j:plain

指で曲げアールをつけたプラバンの蓋を

タミヤのエポキシパテを使ってしっかり固定しました。

f:id:otaku8311227:20210717211102j:plain

強度確保のためWAVEのエポキシパテを

パーツの裏に充填しました。

 

後は、はみ出したプラバンを削りフレームはめ

グリップセイフティがしっかり固定され動くか確認します。

干渉する場合は削ります。

 

【トリガーの加工】

f:id:otaku8311227:20210717211443j:plain

トリガーは分解するとこのようになっています。

トリガーバーの形状がガスブロ用と違います。

トリガーとの接続部分はもちろん、

バー自体の長さも若干違います。

 

なのでガスブロ用のパーツは流用せず

元々のトリガーをパテで延長する作戦でいきます!

f:id:otaku8311227:20210717211905j:plain

手元にM45A1のロングトリガーがあったので

それをもとにプラバンをカットします。

f:id:otaku8311227:20210717212048j:plain

M45A1のトリガーを参考に切ったプラバンを

両面テープでA1のトリガーに貼りつけ箱を作ります。

 

補強のために外周にマスキングテープを貼ります。

 

またこの箱の内側には(プラバンのところだけ)

ハンドクリームを筆で塗っておきます。

(ハンドクリームのおかげでプラバンと

パテが癒着せずにすみます)

 

そこにエポキシパテを細かく詰め込んでいきます。

f:id:otaku8311227:20210717212445p:plain

パテの乾燥後、箱を外すと

写真のように延長されているので

M45A1用と比較しながらアールの面を

削っていきます。

f:id:otaku8311227:20210717212856p:plain

これでひとまず完成です。

 

【フレームの加工】

f:id:otaku8311227:20210717213003j:plain

リーフカットの部分にエポキシパテを盛ります。

この時なるべく綺麗に盛り、削る量を減らします。

乾燥後、やすりでカタチを整えれば完成です。

 

【グリップセイフティの加工】

f:id:otaku8311227:20210717213238p:plain

これに関しては写真とにらめっこです。

M1911のモデルガンやガスガン、

実銃の写真と見比べながら

カットしてきます。

カットすると穴があくので

エポキシパテで埋め

ヤスリで整えます。

 

 

【ハンマーの加工】

f:id:otaku8311227:20210717213650p:plainハンマーに肉抜きがあったので埋めておきました。

 

 

【各パーツの加工と仕上げ】

傷、バリ、へこみ、パーティングラインなどが

あるパーツはヤスリをかけ整えます。

ヤスリだけではダメな箇所は

ラッカーパテを使います。

f:id:otaku8311227:20210717214053j:plain

 

 

確認や仕上げはサーフェイサーを使いました。

f:id:otaku8311227:20210717214136j:plain

メインで500番を使い

f:id:otaku8311227:20210717214140j:plain

さらに綺麗に仕上げたい部分は

1000番を500番の上から吹きました。

 

パテ埋め→ヤスリ→サフ→パテ埋め→ヤスリ→サフ

のように繰り返し綺麗な面を作ります。

 

ただここで気が付いたのですが

パーツによってはサーフェイサーが乾燥後

はがれてしまうことがありました。

素材がABSなのでプライマーを塗ってから

サーフェイサーを吹くべきだったと思います。

f:id:otaku8311227:20210717214513j:plain

サーフェイサーがはがれてしまったパーツは

仕方ないのでサフをすべて除去しました。

(はがれたパーツたちは番手の高いヤスリで仕上げました)

 

幸いにも改造したパーツはサフがはがれなかったので

このままいきます。

f:id:otaku8311227:20210717215110j:plain

マガジンはボトムのみ塗装するので

マスキングします。

またボトムのパーティングラインは

ヤスリで消しています。

 

f:id:otaku8311227:20210717215809j:plain

すべてのパーツにエアブラシでガイアマルチプライマーを吹きます。

以前サフの上に直接モデルガン用塗料を吹いたら

サフが溶けたのか斑点模様のような感じに

なってしまったのでその対策です。

 

f:id:otaku8311227:20210717220044j:plain

全パーツにこいつを塗装します。

以前、ほかのモデルガンに塗ったあまりの塗料です。

f:id:otaku8311227:20210717220132p:plain

やっちまいました。

ガイアマルチプライマーがうまくかかってなかったのか

モデルガン用塗料が厚塗りになってしまったためか

斑点模様が出てきてしまいました。

 

こうなったら仕方ないのでヤスリなどを使って

サフごと塗料をすべてはがし

パーツを磨きなおしました。

 

ここでなんと、ブルースチールがなくなってしまいました。

この金属のブッシング以外は、何となく色が塗れている状態、

仕上げであと1回はコートしたいといった感じのところ。

 

うーん。ところどころうっすらサフの色が透けてるしな……

 

新しい塗料買うと2500円ぐらいするし……

f:id:otaku8311227:20210717220911j:plain

たまたま家にあったAZの黒染めスプレーを使いました。

金属用でプラスチックはNGですが

全体的にブルースチールが塗られているし大丈夫かなと。

皆さんはちゃんとモデルガン用を使いましょうね。

 

f:id:otaku8311227:20210718200746j:plain

 塗装が終わったパーツは24時間はしっかり乾燥させました!

写真は乾燥後のものです。

さすが黒染め、渋い色になってますね。

 

【グリップの加工】

M1911といえばダイヤチェッカーのグリップ。

手元にはないのでこれも作ります!

f:id:otaku8311227:20210718201201j:plain

マスキングテープでダイヤ型を作ります。

パテで埋めヤスリで整えます。

(写真撮り忘れました)

f:id:otaku8311227:20210718201206j:plain

ガイアのサーフェイサーエヴォ ブラックをエアブラシ塗装。

f:id:otaku8311227:20210718201209j:plain

タミヤのアクリル系、ハルレッドをエアブラシで塗装。

完成です!

おまけ感覚で作ったグリップですが

そこそこ綺麗に仕上がりました。

 

後は各パーツにシリコンスプレーを吹き、

傷や塗装剥げができないように注意しながら組めば……

f:id:otaku8311227:20210718202321j:plain

f:id:otaku8311227:20210718202324j:plain

完成です!!!!!

 

 

f:id:otaku8311227:20210718202318j:plain

なかなかいい感じです!

f:id:otaku8311227:20210718202328j:plain

スムースタイプのメインスプリングハウジングや

f:id:otaku8311227:20210718202337j:plain

ロングトリガーもそれらしくなりました。

f:id:otaku8311227:20210718202337j:plain

f:id:otaku8311227:20210718202340j:plain

左右のリーフカットもしっかり消えてます。

f:id:otaku8311227:20210718202335j:plain

おまけのグリップも作ってよかったです。

 

 

ヒケやパーティングラインが残っている箇所や

加工が甘い箇所があるので次回組む機会があれば

さらに綺麗なものになるように頑張ります!

 

今回はこれでよしっ!

 

ここまでご覧いただきありがとうございます!

 

東京マルイ エアコキ M92F 分解 (スライド・マガジン・フレーム)

f:id:otaku8311227:20210702194842j:plain

f:id:otaku8311227:20210702194854j:plain

10才以上用エアコッキングハンドガ

M92Fが手に入りました。

かなり汚れているので

分解して掃除します!

 

【注意】

分解はメーカー非推奨の行為です。

行う場合は自己責任でお願いします。

すでに分解してしまって

困ってる方向けに

記事にしています。

 

 

 

【スライドとフレームを分離させる】

f:id:otaku8311227:20210702194851j:plain

まずマガジンを抜きます。

テイクダウンラッチを90°回転させます。

f:id:otaku8311227:20210702194857j:plain

スライドを前に引き途中で止まる部分があるので

そこでスライド前部を引き上げるようにすると取り外せます。

 

 

【スライド内部の分解】

f:id:otaku8311227:20210702200224j:plain

リコイルスプリングガイドから順に取り外せば

f:id:otaku8311227:20210702200334j:plain

スライドの内容物はここまでなら道具なしで取り外すことができます。

 

【バレルの分解】

f:id:otaku8311227:20210702200635j:plain

ネジ2本をまず外します

f:id:otaku8311227:20210702200913j:plain

バレル先端のキャップを引き抜くと

バレル部を左右に分割できます。

f:id:otaku8311227:20210702231705p:plain

インナーバレルを引きぬき

黒いリングを銀のリング内から押し出します。

f:id:otaku8311227:20210702231936p:plain

銀のリングからパッキンを取り出せば完了です。

 

【バレルの組み立て時のポイント】

f:id:otaku8311227:20210702212803j:plain

銀のリングにパッキンを写真の向きのまま入れます。

ちゃんと奥まで入れましょう。

f:id:otaku8311227:20210702232045p:plain

黒いリングを銀のリングに入れます。

凸凹がかみ合うようにします。

またこの時パッキンの出っ張り

(BB弾に回転をかける部分)が

銀のリングの凹に対して平行についているか

確認しましょう。

ズレていると真っ直ぐ弾が飛びません。

 

【スライド組み立て時のポイント】

f:id:otaku8311227:20210702232152p:plain

f:id:otaku8311227:20210702232215p:plain



【マガジンの分解】

f:id:otaku8311227:20210702232252p:plain

まず中央のボタンを押しながら

プレートを抜きます。

f:id:otaku8311227:20210702232324p:plain
マガジン後方のダイヤルを

マイナスドライバーで90°回します

f:id:otaku8311227:20210702204900j:plain

ゆっくりとドライバーを離していくと

スプリングガイドとスプリングが取り出せます。

f:id:otaku8311227:20210702204916j:plain

後はネジ2本を外し

f:id:otaku8311227:20210702205047j:plain

左右に開けば分解完了です。

f:id:otaku8311227:20210702232427p:plain

組み立ての際は赤丸のパーツが写真と同じように

セットされているか確認しましょう。

 

 

 

【フレームの分解】

f:id:otaku8311227:20210702205316j:plain

f:id:otaku8311227:20210702205322j:plain

左右4本のネジを外しグリップを外します。

 

f:id:otaku8311227:20210702205444j:plain

赤枠内のバネを外します

 

f:id:otaku8311227:20210702205618j:plain

トリガーバーを外します。

まず後ろを外し

f:id:otaku8311227:20210702205627j:plain

上に回しながらトリガーバーの前部をフレームから外します。

トリガーとの連結部を破損しないように気をつけましょう。

f:id:otaku8311227:20210702205858j:plain

フレーム後端のネジ2本を外します。

f:id:otaku8311227:20210702210159j:plain

テイクダウンラッチを矢印の方向に回し

フレームから抜きとります。

Aのパーツも押せばフレームの

反対側に抜け落ちます。

f:id:otaku8311227:20210702210206j:plain

赤丸の中にネジが出てくるので外します。

このネジを外せばフレームが左右に分割できます。

(慎重に分割しましょう)

f:id:otaku8311227:20210702232531p:plain

フレーム内部はこのようになっています。

左右に分割するとき、細かな部品が

なくならないように注意しましょう。

写真には写っていませんが

マガジンキャッチ内部にもスプリングがあります。

こちらの紛失にも注意しましょう。

f:id:otaku8311227:20210702211149j:plain

 

 

 

【フレーム組み立て時のポイント】

基本は分解の逆順です。

f:id:otaku8311227:20210702232634p:plain

f:id:otaku8311227:20210702232731p:plain

f:id:otaku8311227:20210702232834p:plain

なかなか分解、組み立ては骨が折れますね。

このあとすべてのパーツを掃除して組み上げました!

綺麗になってよかったです。

エアガンを選ぼう!サバゲー初心者に捧げるしくじり記録。

https://otaku8311227.hatenablog.com/entry/2021/06/14/150455

前回の記事でレンタルガンを借りてサバゲーをしよう!

ということで記事を作成しました。

またBB弾の選び方も解説しました。

 

今回はエアガン本体の選び方を解説していきます!

参考までにお考え下さい。

 

 まず借りたエアガンの重さを調べます。

最近は様々な媒体でレビューがされているので

重さなどの基本情報はすぐに出てくるはずです。

 

次に、そのエアガンを使ってみてどうだったのか。

重かったなら借りたものより軽いものを買うべきですし

余裕があったのなら少し重いものも候補に入ります。

 

【エアガンの種類】

サバゲーでよく使われるエアガンには三種類あります。

 

電動ガン

バッテリーを接続し電気の力でBB弾を撃つもの

 

・ガスガン

ガスを注入しガスの力でBB弾を撃つもの

 

・エアーコッキングガン

レバーなどを引き人力でBB弾を撃つもの

 

 

この3種が広く使われています。

 

とにかく連射が効くものがいいと思います。

 

エアーコッキングガンは基本的に安価で

手が出しやすいものが多いですが

1発ごとにレバーなどを引かないと次の弾が撃てないので

連射ができません。

 

連射ができないと1発の重要性が上がります。

映画のガンマンのように百発百中なら問題ないのですが

初めのころはそうもいきません。

やはりパンパンと連射が効いたほうが

相手からヒットをとれる確率も上がります。

 

エアコッキングガンは

ある程度サバゲーに慣れてから使うと楽しい種類です。

 

ガスガンと電動ガンではどちらがいいのか。

 

これは難しいですね。

何を優先したいかによります。

メリットデメリットを上げてみましょう。

 

電動ガン

メリット

気温に左右されにくく1年を通して安定した性能が出やすい

連射してもパワー低下が起きにくい

弾がたくさん入るマガジンが売っている

 

デメリット

バッテリーや充電器など買うものが多い

 

ガスガン

メリット

ガスブローバックガンなら本物のような

リアルな動きが楽しめる

固定スライドガスガンならリアルな動きは

楽しめないがガスブローバックガンや

電動ガンに比べ静かに撃てるものが多い

弾とガスがあれば動くものが多い

 

デメリット

ガス代が高い

冬場など気温が下がる時期はパワーが安定せず

動かなくなることもある

連射しすぎると冷えてパワーが下がることがある

マガジンに入る弾が電動ガンに比べ少ない

 

 

といったところでしょうか。

 

広い外のサバゲー場でバリバリサバゲーがしたい!

という方にはパワーが安定しやすく

たくさん弾が入るゼンマイ式マガジンなどが使える

電動ガンがオススメですね。

 

インドアの狭いサバゲー場や

外でも迷路のように入り組んだサバゲー場で遊ぶなら

ガスガンのハンドガンタイプがオススメですね。

 

【メーカーを決めよう】

どのメーカーにするかも大切な選択です。

そのメーカーの製品は信頼できるのか。

壊れにくいものか。

サバゲーに適した性能はあるのか

レビューやショップさんで確認しましょう。

 

また最も重要なことですが

修理サービスや保証はあるのか確認しましょう。

メーカーによってはオモチャと割り切って販売していて

修理サービスや保証がない場合もあります。

その場合、ショップに修理サービスや保証があるのか

確認しましょう。

 

なければその製品は玄人向けの製品です。

今は手を出すのは控えるものです。

 

 

【銃の種類を決めよう】

ここまでで駆動方式と重さ、メーカーなどで

だいたい振り分けができたかと思います。

 

次はサイズに関係してくる銃の種類を決めます。

ライフルにするのかサブマシンガンなのか

はたまたハンドガンにするのか迷いますよね。

まずは様々なサイトをみて候補を出すのがいいと思います!

 

候補がでたら

そのガンが一体どんな性能なのか

よく当たるものなのか

レビューやショップさんで確認しましょう。

 

またここで1個確認しておきたいものが

行くサバゲー場の弾速制限に

その銃の弾速が適合しているかです。

 

弾速とは弾がどれくらいの速度で撃ちだされるかを

数値化したものです。

 

レビューを見て確認しましょう。

また弾速は気温や使うバッテリーなどによって

大きく変化します。

なのでレビューで確認しても参考程度にしかなりませんが

行くサバゲー場の制限数値ギリギリの弾速が出た製品は

買う候補から外すなど予防線をはるぐらいには役立つはずです。

 

またサバゲー場によっては減速アダプターという弾速を低下させる

道具の仕様が許可されている場合があります。

そこも確認しておきましょう。

(すべてのエアガンに減速アダプターが使えるわけではありません

対応外の機種もあります)

 

 

 

銃の長さは交戦距離や地形で選ぶのがベストです。

 

例えば交戦距離の長いサバゲー場では

ハンドガンよりも長いライフルのほうが

飛距離やパワーが出るので

有利になるはずです。

 

逆に迷路のように入り組んだところや

狭いところでは長いライフルだと

バリケードにぶつけてしまったり

スペースがないため構えにくかったりします。

 

そういう場所ではハンドガンや

小型のサブマシンガンなどが有利になります。

 

複数エアガンが買えるのであれば

ライフルとハンドガンを買うのがオススメです。

 

1つだけにするなら行くサバゲー場の地形に合わせましょう。

 

余談ですが

長すぎるライフルは初めての方にはオススメできません。

私も初期の頃G3A3という長いライフルを買ったのですが

長すぎて動きづらく、また重かったため大変苦労しました。

 

 

初めて選ぶ相棒はミドルサイズのものがオススメです。

東京マルイM4A1やM733ぐらいのサイズ感が楽でいいですよ。

長いと持ち運びも大変ですし。

サバゲーをやってみよう!サバゲー初心者に捧げるしくじり記録。

今までにエアガンを何挺も

買っては売り買っては売りを繰り返し

お金と時間を無駄にした私。

(計80挺ほど 金額にすると……)

 

そんな私のしくじりの記録をもとに

記事を作成し

これからサバゲーをされる方の

少しでも参考になればと……

 

【まずサバゲーをするにあたって何を買うのか】

BB弾だけ買いましょう。

選び方は後述します。

そして行きたいサバゲー場の予約を取りましょう。

サバゲー場にはだいたい貸出のエアガンや

サバゲーセットがあります。

まずはそれを借りて1日サバゲーをやってみましょう。

 

 

なぜ借りるのか。

 

それは無駄な出費を抑えるためです。

当時の私はサバゲー

1回もやったことがないにもかかわらず

妄想でエアガンを選びました。

 

そして当日サバゲーをしてみると

 そのエアガンが使いにくいことが判明。

初心者の私にはあっていないエアガンだったのです。

 

貸出のエアガンは大体初心者さん向けに

サバゲー場のスタッフさんが選んでいます。

まずはそれを使って遊ぶのが

無駄遣いしない方法だと思いました。

 

またサバゲーは意外に体力を消耗します。

あまりに大きな銃や重い銃は

体力的に厳しい場合があります。

(逆に小さすぎる銃も使いにくかったりします)

 

お店でエアガンを選ぶとき、体力が消耗している

ということはないと思います。

お店で持ってみたときにこのぐらいの

重さならいけるなーと思っても

サバゲーで遊んでみたら重すぎたなんてことも。

 

まずはサバゲーという遊びを経験しましょう。

そうすればより適切なエアガンが選べるはずです。

 

借りたエアガンのメーカー名や

銃の名前を確認しておくと

今後のエアガン選びの参考になります。

スタッフさんや詳しい人に聞いてみましょう。

 

また周りのプレイヤーさんが

どんなエアガンを使っているか

見ておくことも重要ですよ。

 

【BB弾の選び方】

まずはこれから遊びに行くサバゲー場の

ホームページをみましょう。

そこのレギュレーションやルールの欄に

弾の指定が載っているはずです。

それを必ず守りましょう。

 

サバゲーで主に使われる弾のサイズは6mm、

重さは0.2g、0.25g、0.28gが

メジャーではないでしょうか。

 

種類は

プラBB弾、バイオBB弾、蓄光プラBB弾、

蓄光バイオBB弾が

よく見かけますね。

 

プラBB弾は土に溶けないもの

 

バイオBB弾は土に溶けるもの

 

蓄光プラBB弾はトレーサーという道具で

弾を光らせることができるもの

そして土に溶けないもの

 

蓄光バイオBB弾はトレーサーという道具で

弾を光らせることができるもの

そして土に溶けるもの

 

となってます。

 

また、蓄光弾はトレーサーがないと

意味がないので

しばらく使う機会はないでしょう。

 

 

BB弾はいろいろなメーカーから出ていて迷いますよね。

メーカーによって同じ重さ種類でも

価格、精度が違います。

 

精度が悪いとまっすぐ飛びにくくなります。

また弾づまりを起こすことも……

快適に遊ぶにはいい弾を選ぶことが重要です。

 

価格、精度を考えると

東京マルイ製、ギャロップ製、

G&G製などがオススメです。

 

最初のサバゲーでは5000発前後あれば

問題ないと思います。

 

次回は気になる

エアガンの選び方を紹介します。

 

KM企画 M16K金属フロントセット (東京マルイ M16系XM177E2系ホップアップ用)

f:id:otaku8311227:20210609150513j:plainなんだか不思議なパーツを中古で入手しました!

 

 

f:id:otaku8311227:20210609150517j:plain

開けてみるとこんな感じのパーツが入っています。

 

f:id:otaku8311227:20210609150520j:plain

説明書の一番下のイラストのように

東京マルイのM16のフロントをMP5Kのように

改造するキットです。

 

SMGスタイル

カービンスタイル

ロングスタイルの3種からバレル長が選べます。

 

f:id:otaku8311227:20210609150531j:plain

同社のTNパーフェクトバレル、サイレンサー

スペーサー等を使う方向けの説明書も入っていました。

f:id:otaku8311227:20210609150527j:plain

XM177やM653、CAR15に取り付ける場合

前方配線なのでこのキットを取り付けると

バッテリースペースがなくなるため

外部バッテリー化することになるみたいですね。

f:id:otaku8311227:20210609152512j:plain

f:id:otaku8311227:20210609152902j:plain

組んでみるとこんな感じになりました。

アウターバレルやM16に取り付ける基部、

フロントサイトなどグリップ以外は金属製なので

かなり剛性感があります。

 

f:id:otaku8311227:20210609152924j:plain

フロントサイトは基部にあるレールに通して

ネジとナットで固定しています。

フロントサイトのピンが長く太めなので

視認性が高そうですね。

f:id:otaku8311227:20210609153211j:plain

こちらはXM177E2のもの。M16Kのほうが私は好きな形ですね。

f:id:otaku8311227:20210609153354j:plain

カービンスタイルです。

f:id:otaku8311227:20210609153358j:plain

ロングスタイルです。

なんかこれ単品でモビルスーツ

武器みたいに見えてきました。


f:id:otaku8311227:20210609153335j:plain

今回はXM177E2を短くするのが目的なので

SMGスタイルで組んでいきたいと思います。

 

余談ですがM16Kという実銃は存在するみたいです。

このキットで組むものとはカタチが違いますが

M16A1を短くしたSMGのようなものです。

 

次回↓はこのキットをXM177E2に組み込みます。

https://otaku8311227.hatenablog.com/entry/2021/06/09/173127

KM企画 M16K金属フロントセットをXM177E2につけてみる

https://otaku8311227.hatenablog.com/entry/2021/06/09/173253

↑商品自体の記事はこちら

f:id:otaku8311227:20210609160254j:plain

まずはXM177E2のフロント部をバラバラにします。

私のXM177E2は後方配線化されているので

コードはストックに入っています。

f:id:otaku8311227:20210609160308j:plain

前回、組んだ製品をフレームに取り付け

付属のイモネジ4本で締めます。

これで取り付けは完了です。

f:id:otaku8311227:20210609161112j:plain

f:id:otaku8311227:20210609161117j:plain

f:id:otaku8311227:20210609161120j:plain

組むとこんな感じになります。

一番短いスタイルにする予定なので

バレルは交換するかカットします。


ちなみに1番長い状態で

元のXM177E2とほぼ同じサイズです。


f:id:otaku8311227:20210609172831j:plain

バレルをカットして一番短いスタイルにしてみました。

なかなか個性的なスタイルになりました!

 

また実用面でも取り回しがよくなり

グリップが付いたことで扱いやすくなりました。

金属パーツを多用したフロント部を

フレームにしっかり固定しているため

剛性がノーマルのころより向上しました!

 このパーツなかなかいいですね!

 

 

東京マルイ M4CRWのストックはXM177E2につくのか。

f:id:otaku8311227:20210606180833j:plain

でました東京マルイ製M4CRWのストック。

普通のM16A1のストックより短いのが特徴です。

 

https://otaku8311227.hatenablog.com/entry/2021/06/06/180436

前回の記事↑のXM177E2につけてみます。

 

f:id:otaku8311227:20210606180822j:plain

つきました!

削ったり切ったりせずに入りました!やったね!

f:id:otaku8311227:20210606180831j:plain

ただM16A1用の配線を使っているので

バッテリーを入れるには配線を短くするか

M4CRW用の配線に替えないとダメですね。

f:id:otaku8311227:20210606181510p:plain

↑のリング。

もちろんXM177E2とM4CRWでは形状が違うので

M4CRWのストックにするなら

このリングもセットで取り替えないとダメですね。